過払い金返還請求は相談無料の弁護士や法律事務所を探してみよう

離婚時に必要な弁護士

女の人

離婚をするに当たって、弁護士は必要なものでしょうか。実は、必ずしもそうとは言い切れません。まず最初は協議離婚といって、夫婦による話し合いを行いますが、この場合はよほどのこと無い限り弁護士は必要とされません。ただ、別居したりしていて、相手とのコミュニケーションを取りにくい場合は、弁護士に間に入ってもらうという方法があります。話し合いでうまく行かない時は、家庭裁判所に申立をして、調停離婚を行います。この場合も、調停委員が話を聞いてくれますので、何が何でも必要というわけではありませんが、弁護士をつけることにより、調停がうまく行くためのアドバイスをもらえたり、また、書類を本人に代わって作成してくれたりします。調停でも合意できず、訴訟に持ち込む場合はもちろん必要になります。

では、弁護士に依頼する場合にはどのようにすればいいのでしょうか。知人に弁護士がいる場合は、その事務所に相談するのがお勧めです。ただ、出来れば離婚を専門に扱っている事務所を紹介してもらうのがいいでしょう。もし知人にいない場合は、法テラスや弁護士会に連絡を取って、紹介してもらうという方法もあります。法テラスの場合は無料相談ができて、弁護士も紹介してもらえるので一石二鳥です。また、ネット上で探すこともできます。最近は特に、離婚をする上に当たって様々なサービスがあり、予算によってプランを設けている事務所もありますので、そういう所をネット検索して、予約を入れて相談するのもいいでしょう。また弁護士事務所は、通常30分で5400円の相談料がかかりますが、最近は相談料なしの事務所も増えています。