過払い金返還請求は相談無料の弁護士や法律事務所を探してみよう

相続時に生まれる税金

紳士

税法上では資産を他人に譲渡したさいには税金が掛かる仕組みとなっており、そのひとつが相続税になります。相続税はある人が死亡したさいに残された財産を一定の範囲で相続人に対して受け継がせるというものです。資産としては預貯金や有価証券のほか不動産などがありますが、同時に借金や税金の未納金なども資産のひとつに含まれます。そのため、相続を行うさいにはそれらの資産を鑑みてどのように相続するかシミュレーションする必要があります。また相続税の関係で無条件に資産が受け継げるというものではなく、場合によっては相続放棄を行ってしまう方が良いこともあります。近年は、インターネットで簡単に相続税のシミュレーションができるため、それらを利用して生前から対策を講じるのもひとつの手段です。

相続税に関するシミュレーションを提供している業種としては、税理士や銀行または信託銀行などのほか弁護士などもサービスを提供している場合があります。おおまかなシミュレーションはインターネット上から行えますが、実際には実地を見てもらって専門家に分析してもらう必要があります。特に実際の相続税のシミュレーションでは、非常に複雑で特に不動産資産を保有している場合には、その鑑定を行ってもらう必要があります。また不動産の相続は、金銭と異なり均等に割ることができないため難易度が高いものであり、相続に対してもっともトラブルの原因になるものです。またシミュレーションを行って、相続対策を行っても確実に相続させるためには遺言書を残すのがもっともトラブルを避けられる方法で、そのためには遺言書執行人を決めておく必要があります。